老後になって過払い金

老後になってから過払い金が発覚することがあります。もちろん、あくまでキャッシングとかカードローンを使ったことがある人の話です。そもそも一切使ったことがない、という人にはまったく関係ないことになります。それに時効があるような行為でもあります。ですから、発覚した後に時効を迎えていたことを知ることもあります。

ちなみに知ったときから有効ではなく、発生しているときから10年になります。ですから、忘れさられてしまっている、ということもあります。タグがついているようなことではないので確認のしようがない、ということもがあります。ですから、まずは借りたことがある人はとにかく調べてみることです。

はっきりいって相当に長い期間を借りていたか、結構な金額でもない限りはそこまで意味があるようなことではないです。むしろ、請求する手間のほうがかかる、ということになりますから、これは覚えておいたほうがよいでしょう。機会費用を考えましょう。

 

ブライダルローンと銀行ローンの違い

結婚式をあげるのに十分なお金がない、結婚式場が前払いしか対応しておらず、すぐにお金が必要になってしまった。そんなときはブライダルローンを利用しなくてはいけない場合があるかもしれません。ブライダルローンは銀行ローンと違って使い道が結婚式、結婚指輪、新婚旅行などに限られています。もちろん銀行ローンと同じように審査もあります。

一方、銀行ローンは使い道は限られていません。生活費の補填や急な出費でお金が必要になってしまったときに利用できます。消費者金融よりは審査が厳しいですが、その分、金利が低く設定されています。店頭に行かなくてインターネットで口座開設不要で利用できるところもあります。

借り入れ金額によっては収入証明書も不要ですし、専業主婦で収入がない場合も銀行ローンなら利用できます。また、最短即日融資可能な場合もあります。ブライダルローンも銀行ローンも借り入れは最少にして返済可能な金額にしましょう。

 

繰上返済は金利の負担が少なくなります

お金を借りるときに、お金を借りることができるのかはもちろん心配ですが、きちんと返済ができるのかも不安になりますよね。カードローンの返済は一般的に残高スライドリボルビング方式となっています。この残高スライドリボルビング方式とは月々の返済額が残高に合わせて決められるというものです。

毎月の返済額を少なくできるので返済が楽になるというメリットはありますが、返済期間が決まっていないので返済期間が長くなってしまうというデメリットがあります。返済期間が長いということは負担する金利も多くなってしまうということです。もしお金に余裕があるのならハッキリ言って、繰上返済をしたほうがいいです。

そのほうが負担する金利も少なくなります。またできるだけ早い時期での繰上返済をしたほうがさらに金利の負担は少なくなります。あなたのなかでお金に関するマニュアルを作って、返済計画をきちんとしてもうお金を借りなくてすむような生活を心がけましょう。